岡田佑子という生き方〜生まれながらの女優の日常〜

わたしは、40歳にして女優を志すことを決めました。 本気で、決めました。 そうしたら、現実のベクトルが 凄まじい勢いで自分全出しの方向に振りきれました。 今、人生が面白くてしかたがありません。 神さまは、間違いなく、面白がりです。 そんなわたしが自分丸出しでステージを登りつめる これはその、リアルな日々の記録です。

わたしと病気 その7

服薬を毎日欠かさず続けたおかげで

 

精神的にはだんだんと

 

落ち着きを取り戻してきた。

 

 

ただ、何もやる気が起きない。

 

虚しさで胸がいっぱいの毎日。

 

家に籠りがちになる。

 

なにかこう、のめりこめることや

 

楽しいことがないかと

 

携帯ゲームをやってみたり

 

母に連れられてあちこち出かけたり

 

してみるものの

 

これというものは見つからず。

 

無気力で重苦しい日々が1〜2年程続く。

 

 

ある日、ふと思い立って

 

永田町にある国会図書館

 

久しぶりに行ってみた。

 

以前一時期通っていて

 

結構楽しかったことを思い出したのだ。

 

そこで再び、沢山の本と出会う。

 

漫画、小説、エッセイ、思想本…etc.

 

とにかくいろいろと読み漁った。

 

図書館まで片道45分の道のりを歩くのも

 

いい運動になって、気持ちよかった。

 

 

また、薬の副作用で体重が15kgも増えてしまい

 

なんとかしなきゃと思って

 

区立のスポーツセンターにも通い始める。

 

そこでエアロビクスに少しずつハマり始める。

 

もともと、ダンスは好きなのだ。

 

そしていつも顔をあわせる常連さん達とも

 

だんだん会話することが増えていき

 

仲のいいお友達もできる。

 

 

そうやって

 

少しずつ行動範囲を広げていっていた。

 

 

そんなある日、母から

 

「区立のデイケアっていうのが

 

あるそうなんだけど、興味はある?」

 

と訊かれる。

 

区内在住の精神障害者が週に一度

 

区の保健所に集って

 

いろんなレクリエーションをしたり

 

都内近郊へ外出したりするらしい。

 

どこでそんな情報を知ったのかと聞くと

 

どうやら、両親が区役所の障害者相談窓口へ

 

わたしのことを相談に行ってくれたらしい。

 

わたしは、通ってみたいと答えた。

 

両親がそこまでしてくれたのが嬉しかったし

 

なにより仲間が欲しかったんだと思う。

 

 

ひと月ほどしてから

 

晴れてデイケアへ通い始めることになった。

 

 

病気のこと、悩み、辛いこと、苦しいこと

 

好きなこと、嫌なこと、なんでも。

 

話したいことを安心して話せる場所。

 

一応毎週プログラムは組んであるけれども

 

だるかったり、気がすすまなければ

 

部屋の隅でただゴロゴロしているのもアリ。

 

週に一回、決まった時間に

 

決まった場所へ通うという

 

習慣をつける練習にもなった。

 

 

そんなユルくて楽しいデイケアに通い始めて

 

半年ほど経った頃

 

わたしにとって運命の出会いが訪れる。

 

 

つづく。

 

 

------------------------------------------------------------

 

春ですね。

 

わたしの大好きな季節です。

 

新しいことを始めるのにぴったりな

 

エネルギーに満ちていますよね♬

 

わたしは新しいこと始めるよ。

 

ワクワクしながら始めちゃうよ!

 

魔法っていう名の

 

エネルギーワークセッションやっています。

 

↓お客様の声&セッション案内↓

http://yu0202pw.hatenablog.com/entry/2017/03/06/223850

 

 

------------------------------------------------------------

 

 

ここまでお読みいただき

 

ありがとうございます😊