おかだゆうこのごきげんブログ〜トンネルには出口があります〜

こんにちは!おかだゆうこです。わたしの日々の気づきや大好きがいっぱいにつまったブログです。

断薬日記 その28

2017.07.01

 

今日の感じ。

 

午前中

久しぶりにこぎん刺しをしようと思い

その前に部屋をお掃除。

すっきりしたところでこぎん刺しに集中する。

 

f:id:yu0202pw:20170701212851j:image

 

 

午後は池袋の東京芸術劇場へ。

アート展を観に行く。

 

f:id:yu0202pw:20170701213841j:image

 

絵を見ても

ほとんどなんの感情も湧かない。

薬ってほんとうに、ほんとうに、つまらない。

ちっとも絵と対話ができないじゃないか。

 

展示会場の隣のスペースで

映画の上映会が行われていたので

こちらも観に行く。

 

f:id:yu0202pw:20170701215323j:image

 

 

70年程前のブラジルの精神科病院を舞台にした

実話に基づいた作品。

統合失調症の患者に対して

ロボトミー手術や電気ショックが

平然と行われていた時代の話。

冒頭はショッキングな描写があったりして

奥底から怒りが湧いてくる。

 

そして初めはただただ暴力的だったり

心を閉ざした状態だったりする患者達が

絵を描くことや立体造形を通して

徐々に、自分らしさを取り戻していく。

そのことに救われる思いがする。

 

ああ、心が敏感な時に観たかったなぁ。

そして思い切り泣きたかったなぁ。

 

泣く代わりに

左だけ鼻水がダラダラと出てくる。

 

無感情のまま帰路につく。

電車の中で、音楽を聴く。

そうしたらやっと、感情が出てきた。

無理やり押さえ込まれることに対する

辛さ、悲しさ、怒り。

表面ではじわっと涙ぐんだだけだったけど

心の中では子どもが号泣していた。

こういう時、例の彼が目の前にいたら

辛いよう、苦しいようって言って

わーっと泣けるのにな、と思う。

彼の前で泣いたことはないけど、そう思う。

 

 

今日もお読みいただいて

ありがとうございます😊

 

おやすみなさい🌙💤

 

 

♯断薬

統合失調症

♯こぎん刺し

♯ニーゼと光のアトリエ

 

広告を非表示にする